クリームバスはインドネシアが発祥の地です

クリームバスはインドネシアのバリ島において昔から伝わっている頭皮や髪の美容法です。

約400年前の17世紀、ジャワ王室において女性の髪の毛を美しく維持することができる技術としてスタートしました。当時インドネシアにおいて美しく光輝くような長い黒髪は、「女性の王冠」と言われていました。クリームバスはその後庶民に伝わり、次第に一般的に普及していきました。18世紀初頭から、ヨーロッパやアメリカの人々を中心にバリ島に訪れるようになって、クリームバスはヨーロッパなどのマッサージ技術の影響もあり、今のようなスタイルが確立されました。手順として、まず髪や頭皮を洗い清潔にしましょう。

次に、髪や頭皮にクリームをつけて、マッサージを行います。マッサージは頭の頂部から首筋などにかけて、念入りに手を動かしましょう。その後クリームの美容成分をしっかりと髪や頭皮に浸透させるのに、クリームをつけたままでスチームを当てます。スチーム中も肩や手などをマッサージします。そして、クリームを洗い流したら終了です。使われるクリームはアボカドやアロエ、にんじんやインドネシアの植物が配合されていて、ナチュラル成分がたくさん含まれています。

交感神経にも働きかけたり、エネルギーを与えると言われているグレープフルーツや、リラックスすることができるジャスミンなど、さまざまなエッセンスをオイルに配合したクリームなども人気があり、世界中で利用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *