自力で無理なく少しずつ目大きくなる方法

目大きくなる方法には、整形で一重から二重にするやり方と、工夫によって目を大きく見せる二つがあります。

前者は失敗のリスクが大きく、費用も大きく掛かりますから、誰でも気軽に選択できる方法ではないでしょう。一番現実的なのは、やはり自力で少しずつ目を大きくする、後者の地道な方法が当てはまります。目大きくなる方法といっても、即効性のあるやり方は殆ど存在しないので、案外地道な努力の繰り返しが必要になります。生まれつき一重で目が小さい人は、アイプチやアイテープを使って擬似的に二重を作り、これを繰り返して癖をつけるのが最適です。

勿論、メイクを落とせば二重も戻ってしまうので、なるべくアイプチを使用する時間を長くします。アイプチは対症療法的で、持続性がないのが欠点ですから、ここは他の方法で補うことも大切です。視力が低下していると、無意識に目を細めてしまう傾向があるので、視力に合うコンタクトレンズを使うと目の大きさが改善しやすくなります。眼鏡を使っている人であれば、視界が開く感覚が得られますから、目つきが悪くなるほど視力が低下していた人ほど、目の大きさの変化が大きく現れます。これらのやり方は目大きくなる方法の一つ一つに過ぎず、総合的に取り組んで初めて、納得に結びつく改善の効果が発揮されます。

まつ毛も目の大きさを左右するので、メイクの際は面倒でもマスカラを塗ったり、目を大きく見せるメイク術を行うのも有効です。しかし、目の大きさの悩みには、目を小さくしてしまう生活習慣が影響しているので、腫れぼったい目元の人は眼精疲労を徹底的に解消する、これが特に効果的な目大きくなる方法となるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *