目大きくなる方法にはツボ押しが効果的?!

目大きくなる方法で意外にも効果があるのがツボ押しです。

目の周辺にあるツボを押すことで、パッチリとした目にすることが出来ます。目が小さくなってしまう原因には、乾燥や長時間のパソコン作業などで目の周辺の血行が悪くなってしまうことが挙げられます。血行が悪くなると、どうしてもむくんでしまい目が小さくなりがちです。また、目元は皮膚が薄いのでダメージを受けやすいという特徴があります。そのため、目元をこするなどの癖があったりすると、まぶたの開閉を行う筋肉がダメージを受けて、まぶたがたるみやすくなります。

これも目が小さくなってしまう原因になります。そこで、目大きくなる方法として目元の周りの血行を良くするために、ツボ押しをしてみるといいでしょう。目の周りにはツボが集中しています。ツボを押すことで血行がよくなり、目をパッチリと開かせられます。いくつかツボがありますが、まずは眼頭のやや上にある清明というツボを押してみましょう。イメージは親指と人差し指を使って、鼻の根本の少し上を指で挟んでみると良いでしょう。時間はゆっくり5秒数えて、3~5回押すのがおすすめです。次に、承泣という瞳の中心の下あたりにあるツボを押してみると良いでしょう。

骨のふちにあるくぼみにあります。押すときは、指の原を使うのがコツです。こちらも5秒間を3~5回に分けてやると良いでしょう。このように目の周辺にあるツボを押すことで、血行不良を改善し、目をパッチリ大きくすることが出来ます。ただ、注意点としてあまり力を入れたり、奥まで押し込んだりしないようにしましょう。眼球を痛めてしまう原因になります。ですが、ツボ押しは簡単にできるので目大きくなる方法として最適です。目元のむくみを感じる方は、やってみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *